医療から美容への発展

エステティシャン

基礎的概要の把握

今では美容関連としては有名なボトックス注射ですが、もともとの使用用途は医療薬品として開発されたのが始まりです。ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンを有効成分としている薬です。働きとしては、筋肉を緊張させている神経の働きを抑制する効果を持っています。ボトックスを使用することによって、筋肉の緊張をほぐして手足を動かしやすくする効果を得ることができます。米国でも認可されている薬で、安全性が高いことから美容関連への使用を日本でも許可しています。美容目的として利用するときに効果を発揮するのが顔面のしわです。目のまわりやおでこといったしわを伸ばす効果を期待できます。しかし、注意点としては効果持続期間は3か月から半年である点です。効果を持続するためには、定期的にボトックスを注入する必要があることを忘れないようにしましょう。歴史的な背景や本来の使用用途を考えれば、美容部門で展開されたことにも納得がいくでしょう。また、安全面でも非常に優れているので日本でも使われています。本来は薬として作られたものなので、美容目的で使っても同じように副作用が出ます。代表的な副作用は脱力のし過ぎがあげられますが、使用料を調整すれば問題ないです。

ボトックス注射をするときには、それぞれの症状によって副作用が出ることを考慮しなければいけません。例えば、ボトックス注射によって眉間のしわを伸ばすことができますが、副作用としてむくみや腫れといったものがでてきます。これらの副作用は時間の経過とともになくなっていくものなので、それほど心配するものではありません。顔面のしわになりやすい部分に注入することによって、筋肉の緩和をうながしてしわを伸ばす効果を持っています。それぞれの場所によってどのように変わっていくか写真付きで紹介している症例もあるので参考にしてみるとイメージがつきやすいでしょう。ボトックス注射は薬の量が多すぎると副作用を引き起こしやすいですが、薬の量が少なすぎると十分な効果を期待できないので注意しましょう。副作用に関しては、時間の経過とともに消えていくので心配する必要はありません。何度目かの注射をするときには、薬の量を調整したり、最大限効果を発揮できる環境を整えておくといいでしょう。

Copyright© 2019 表情シワを抑えるのに、大変有効だと評判です All Rights Reserved.